www.vosracing.org

クルマを持っている人でしたら分かっていると思いますが自動車税というものを支払う義務があります。そしてこれは、手放す愛車の買取の際に一般的に還付されるものなのです。こういった内容は自分でやると覚えられますがそれでは最初から順番に説明します。ちなみに記載させて頂けば国産で生産された自動車のみに限らずアメ車などでも税金が返還されることになってきます。自動車などもそうですね。自動車を持つ人が支払い義務を負うものですがこれは自動車の排気量の大きさによって規定されています。1リッターより小さいのであれば29500円で1リッターより上で1.5リッターまでが34500円になります。これ以降は500cc刻みで5000円ずつが乗ってきます。またこのお金は4月1日現在ののオーナーが今年度の金額を納める義務があります。ということは先払いになるということですからもちろん自動車を売却して所有権を失った時などは前払いした分のお金は返還されるんです。この自動車税の場合は事前納付で今年度の金額を支払いますので一年以内に自動車を売った場合には買い取った保有者がお金の納付義務を負うということです。売却相手が買取専門店なら引き取り時にあなたが先払いしている分の税金を返還してくれます。まとめると所有権を手放した時以後の税額は、権利が移ったオーナーが払わなければなりません。10月中に愛車を引き取ってもらった時は、11月から翌年3月いっぱいまでの自動車税は戻ってくるのです。それは、繰り返しになりますが自動車税というのは一年分を先払いしているという事実によるものです。要は前オーナーは買い取った相手に払いすぎた税金を返してもらうということです。個人的に愛車を引き取ってもらう際に意外とこのような事実に気付かない人がよくいるためぜひ確認するようにしてください。自動車税という税金はクルマを売った際に戻ってくるということをあまり知られていないからと言ってそのことを説明しない買取業者もいるのです。こちら側から返金に関して言わなければ、そのことに関して説明しないという場面も頻繁に聞かれます。ですから愛車の売却をするさいには自動車税が返金されることを聞くことをおろそかにしないようにしましょう。